下取りよりもバイク買取の方が高く売れる

バイク買取をしてもらった方が、下取りをしてもらうよりも高くなる傾向にあります。



下取りは、新車をディーラーから購入する際に、引き取ってもらう行為ですが、その価格は余り高くはならない傾向にあります。

珍しいYahoo!ニュースに関する情報です。

なぜかというと、新車購入を前提として引き取るため、あまり高額な査定をすることはできないのです。
高額にしてしまうと、バイクを値引きすることになってしまいます。



また、新車販売がメインのお店はバイク買取に対する知識が乏しかったり、自社で売りさばくルートがないために、高く買えないという事情もあります。
その点、バイク買取業者は買取のプロです。
常に市場の価格を意識して買取や販売をしています。


そのため、適切に価値を判定してくれる期待が持てます。

また、状態なども見て、状態が良ければその分きちんと価格に反映してもらうことができます。
その他、季節による需要増加や、バイク自体の希少性についても価格に盛り込んでくれるので、下取りをしてもらうよりも高く引き取ってもらうことが可能です。以上の理由から、できるだけ高く処分したいならば、バイク買取店の方の利用をお勧めします。

確かに、下取りの方が新しいバイクへの乗り換えや手続きは楽になります。
しかし、高く売れた方が新車を安く購入できるのと同じ結果になるため、経済的です。


それに、自分の愛車が低く買い取られるよりも高く売れた方が気分は良いでしょう。したがって、買取の方がおすすめです。